取扱工事内容

住宅ができるまで

住宅ができるまでの流れをご紹介します

仮設工事 住宅を建てる前にまず準備をします。
       

基礎工事 住宅を一番下で支える重要な工事です。
       

鉄骨工事 主要な構造体の鉄骨を組んでいきます。
       

木工事 木造住宅を建てる上で一番大事でたくさんの工事です。
       

内装工事 人間で言えば服を着せるような工事です。カーテンやクロス工事などです。
       

外装工事 外観の一番目立つのが外壁。その外装材を貼ったりするのがこの外装工事です。
       

屋根工事 屋根といっても純和風の瓦もあれば、金属瓦やガルバリウム鋼板AT葺きなど幅広いです。
       

左官工事 左官やさんは、タイルを貼ったり石を貼ったりしてくれます。
       

塗装工事 外部の塗装、内部の木の塗装などです。ただ色をつけるだけではなく、
錆止めを塗ったり、吹付けたりもします。
       

木製建具工事 ドアや和室の襖など、造ったり取り付けたりの工事です。
       

アルミ建具工事 住宅には必ずある窓。機能的なものからデザイン的な物まで窓のスペシャリストです。
       

電気工事 オール電化のこの時代、電気がないと何も出来ません。重要な工事です。
       

給排水工事 キッチンやお風呂など水廻りは給排水工事が重要です。
       

シャッター工事 福井県は車社会。大事な車をとめておく車庫には必需品のシャッターです。
       

畳工事 やっぱり日本人は畳です。最近は和室っぽくないカラフルなかわいい畳がたくさんあります。
       

防水工事 住宅のなかに水が入ってこないよう、防水の工事は念入りにチェックします。
       

断熱工事 高気密住宅で重要なのは断熱工事です。様々な方法があります。
       

住設機器工事 キッチンやお風呂、そのほかの住設機器はほとんどが現場で組んでいくのです。
       

仕上工事 最後はお掃除や気密のチェック。お客様にお渡しできるよう最後の工事になります。
       

その他工事 その他の工事には、防蟻処理や地盤改良などもあります。