取扱工事内容

耐震補強工事

耐震診断・耐震補強をして地震に強い住宅へ

tab_toriatsukai1.pngtab_toriatsukai2_ov.pngtab_toriatsukai3_ov.png


ttl_taishin_hituyou.png


img038_1_1.jpgimg038_2.jpg

地震によって家屋が倒壊・大破すると、住まわれていた方が被災するだけでなく、火災を誘発し、延焼する、消火・救急救命活動の妨げになる。
除却が必要になって復旧活動の妨げとなるなど二次的な被害を招く可能性があります。
そうならないよう事前の対策がとても重要になります。

当社では耐震診断で建物の状況を調べ、最適な補強プランをご提案いたします。

耐震診断に関するお問い合わせはこちら!

TEL:0779-65-5580

お問い合わせフォームはこちら


ttl_taishin_point.png




その1: 地震に耐えるには強い壁が必要です
木造住宅は壁・柱・はりが一体となって地震に耐えるようになっています。
したがって、開口部が多く、壁の少ない面や、筋かいなどが入っていない弱い壁などが多い住宅は、地震により倒壊する可能性が高くなります。
このような場合は、新たに壁を増設したり、既存の壁を強くすることが必要です。

その2: 壁の補強にはバランスも大事です
筋かいなど耐力壁がバランスよく設置されていないと、建物がねじれてしまい、たとえ十分な耐力壁が配置されていても、地震にたいして必ずしも安全ではないケースがあります。
こうした場合、建物全体を考慮して、耐力壁が少ない部分には重点的に耐力壁を配置すれば、バランスが改善されて、より地震に対する安全性が高くなります。

その3: 柱・はり・筋かいをしっかり止める
木造住宅は壁・柱・はりが一体となって地震に耐えるようになっています。ところが柱とはりや土台との接続部が外れると、地震の力に耐えることができず、住宅が倒壊・大破することになります。
耐震補強をするときに、接続部などがどのように作られているかを確認し必要な部分を接合金物などでしっかりつなぎ合わせることが重要です。


ttl_taishin_3step.png



img038.jpg


国・県・市町村から手厚い補助金が受けられます。
住み続けることで究極のエコ、そして節税になります。
耐震補強工事は住まいの高耐久性、耐雪性、省エネ性能を同時に向上させます。

taishin_ex1.png
taishin_kaishu1.png

耐震補強工事・診断のご相談、補助金の活用方法など
お気軽にお問い合わせください。

btn_taishin_inq.png

お電話でのお問い合わせはこちら!

TEL:0779-65-5580